ただ文章を打ってたいんだ。

気持ちただ漏らし備忘録

【京都・今回は御朱印もあるよ】再びお守りを返す旅に出たんだ。

前回、伏見稲荷大社にお守りを返してから「他所はどこなんだろう?」と手元に残ったお守りを見て思いました。
そこで、入手してから1年経過した八坂神社含む近辺の3箇所を巡ってきましたよ。

※若干毒記事注意!※

【仲源寺】
祇園四条駅から八坂神社へ向けて、よーじやや天下一品のない方を歩いて行くとあります。

眼病に霊験があるらしいです。
思いっきり目に病気があるので、これ以上悪くならないようにと訪れたのが去年です。

境内は祇園の「いい位置」にあるので、そこまで広くはありません。
門を潜っただけで通りの賑やかさから切り離されて居心地がいい。

お賽銭箱の横に小箱が置いてあります。
そこへ返せばOKでした。
他の方のお守りやお札が既にモリモリと入っていたのでびっくり。

御朱印はこちら。↓

安井金比羅宮
怨霊様を祀った、有名すぎる安井金比羅宮にも行きました。

縁切りと縁結び……縁結びにはほのかな後付け感を感じながらも、あの札だらけの石穴を潜った次第。

切れたのは……テメェの顔と手のひら、ズボンと膝でした。

寧ろ顔の痣は3ヶ月近く引かなくて、世間の「縁切り成功☆」とか「願い事叶いました☆」みたいなのはあんたら何なんね。

まあ、傷口は塞がったから結んだよね。
そういうことかよ!!!

折角負傷したし、心機一転お守りをこちらでは入手していました。
納札所は特に設けられていないようです。
授与所でそのまま受け取って頂きました。

御朱印はこちら。↓

【八坂神社】
祇園と言えば八坂神社ですね。
別に、この先にある円山公園ポケモンGOをしたくて行った訳ではありません。
青龍の石が授与品としてあるのです。
これ、どうにも気になって仕方がない。

それはさておき、八坂神社はさすがに境内が広いですし、伏見稲荷大社での学習が効いています。
授与所で真っ先に聞いてしまいました。

写真右手が本堂。
左手に「納札所」の看板がありました。

入ってすぐですね。

御朱印はこちら。↓

八坂神社の御朱印というのは、自前の御朱印帳に書き付けて頂けるのは「祇園社」のものだけです。

その龍の御朱印は何なんね、と問われましたら書き置きです。
他にも、境内のお社さん×10と期間限定の書き置きもありました。

スタンプラリー勢、限定命勢には食指が進む……なんて誰に向けたかわからない皮肉を打ちたくもなります。

世の中、矛盾を沢山抱えながら成り立っているのだなあ(みつを風)

……そいでもって、写真をこうやって記事に埋め込んでみて、わかりやすい入り口等の写真がないことに呆然としています。
取り敢えず、お守りを返しに行っただけなのでOKとします!

(追記)
今後はもう少し爽やかな気持ちでお参りしたいと、記事を読み直して思いましたね……。