ただ文章を打ってたいんだ。

気持ちただ漏らし備忘録

ファミマのせいで(生活費をケチる為の)金券に目覚めてしまった話

くどくどと読むのは御免だ。

そう思われた方は、自分が金券ショップ店頭で頭を使わずに販売額を判断出来るExcel表を作成しましたので、こちらをご参照下さい。

カーソルは今回の記事で損得感情をくすぐられたJCBプレモカードの利用額5000円に合わせています。

以下、何のコッチャイと思われた方はお読み頂ければ幸いです。

先月、ファミリーマートの前を通った際、こんな広告を見つけました。

『5300円→利用額5000円、購入額4900円(400円お得!)』
『3300円→利用額3000円、購入額3000円(300円お得!)』

(※リンク先は公式サイト)

……?

2行目、何も得をしていない気がする。

それが全てのきっかけです。

この広告はJCBプレモカードというチャージ式ギフトカードのキャンペーンによるものでした。

購入額と利用額がイコールの3000円は一体誰得なのか?
5000円の方が得ではないか?

そう未だに思います。

こんなの、金券ショップに行けばもっと安い価格で落ちてるんじゃねーの?

そう思って金券ショップへ行きました。

闇でした。

JCBプレモカードよりも使い勝手の良いQUOカードが大量に転がっているのです。

現状、コンビニのみで見るとJCBプレモカードはファミリーマートとローソンしか対象になっていません。
その点QUOカードは主要コンビニを全て範疇としています。

頭の中の算盤が鳴りました。

両方買ってみよう。

文句を言うなら使ってみてからだ。

だが、JCBプレモカード。
お前は5000円でないと損した気分にしかならない。

こちらがJCBプレモカード。

このままギフトとして流用してもそこまでキレられることも……いや、キレられるか。
パール加工の台紙に入っています。

一方、こちらQUOカード

自分で使うなら宣伝入りのがいいですよと言われるがままにこのデザイン。

角栄って、あの角栄……?

ついでに図書カードも買ってみました。

自分で使うなら宣伝入りのが(以下略。

では早速、算盤を鳴らします。

世の中の金券ショップでは、「98%等利用可能額からの引き率」か「980円等売値ズバリ」のどちらかでカードの売値が表示されています。

前者は計算が苦手な自分を確実に殺しに来ているのですけれども、どうにも%で出している所が多い気がします。

では、早速自分を納得させる為だけにQUOカードで計算します。

(金券ショップ販売額)99%
(利用額)500円
(スタンダード販売額=定価)530円

上記の条件であった場合、

1> 500×0.99=495
2> 500-495=5
3> 530-495=35
4> 495÷530=0.933……

ここでわかったことは、1>で500円のカードを買うには495円が必要であり、2>で利用額面に対して自分が出費しなかった(平たく言えばケチった)5円。

ここまでわかれば十分か。

3>と4>はスタンダード販売額=定価に対して計算してみました。

利用額500円のQUOカードを買うにあたってはスタンダード販売額なら約93%、利用額なら99%で利用額に対してお釣りが発生するとかわかりました。

今まで身の回りで探したうちでは97%が最大値です。
50%を見つけたら、多分物凄く食いつきますけれども……この世にはそんなものはない(QUOカードのシステムが終わるとしたらそこで初めて見かけるかも知れない)。

話を始めに戻すと、JCBプレモカードはこれらの計算だとやはり5000円のを買わないと金券ショップのような気持ちにはなれないですね。

10月31日までキャンペーン中だから、あともう1枚仕入れてもいいかな?
おでんを買って帰るのに使えるでしょう。

5000円分のおでんを買うのに4900円しか払っていない奇跡。

コンビニとは基本的に無駄遣いの温床である(真顔)。
生活費をケチるのにいいことを学んだ気持ちになっています。

あっ、あのExcel、どれだけケチったかわかんないや。
引き算表も後で作ろうっと。