読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ文章を打ってたいんだ。

気持ちただ漏らし備忘録

日本橋高島屋のこち亀展初日に行ってきた【物販開梱して追記】

こち亀も今週末のジャンプと単行本200巻で最終回を迎えますよね。

思えば100巻だけ買った。

100巻だけ。

その程度の薄っぺらさですけれども、やっぱり気になるのが人の性。

2016年9月14日、つまり今日から9月26日まで日本橋高島屋で開催される、連載40周年&コミックス200巻記念こち亀展へ行ってきました。

f:id:shopdomannaka:20160914192552j:image

こちらの写真は、展示会場入口付近に掲示されていた読売新聞です。

これだけでも十分に楽しそうだからこち亀は凄い。

……。

因みに。

また会社を休んだのは言うまでもない。

今回の目当てはこの展示会の為の書き下ろし漫画です。

神田明神に奉納された絵の半分も展示されていましたけれども、書き下ろし漫画が読みたい!!!

あ、こち亀展も鳥獣戯画展みたいにこの神田明神に奉納された絵の展示替えがあります。

巻物同士、あるあるなのでしょうか。

同じ会場で過去に笑点の展示会もありました。

それに比べると、人がゴミのようだ。

物販も購入待機列が出来ていて、いちいちびっくり。

内部写真撮影OKの場所がそれなりにあったのですけれども、人の顔が写り込みスギィ!!!

問題のなさそうな写真だけ上げていきます。

f:id:shopdomannaka:20160914192816j:image

こういった、原画ではない立体物は大体撮影OKでした。

f:id:shopdomannaka:20160914192823j:image

厳選したら2枚しかなかった!!!

秋本先生のカメラも飾ってありましたけれども……。

ジャンプ作家先生の両さんを描いた色紙もありましたけれども……。

正直、初音ミクのキャラクターデザインをされたKEIさんの色紙もあってびっくりしましたけれども……。

何と言っても原画!!!

原画ですよ!!!

特に浅草神谷バーの絵はお店の周りのにおいを思い出すようでした。

原画の楽しみと言えば、原稿用紙の変遷であったりもします。

40年前の原稿用紙ってこんな感じだったんだなあなんて、改めてこち亀の連載の長さに驚きました。

今回の展示会の目的、書き下ろし漫画は会場の最後にありました。

この漫画がまた、いつも通りなのにいつも通りでなくてホロリとしてしまいましたね。

原画で見ているから余計に感動。

そんな感動の後には阿鼻叫喚の物販コーナーです!!!

自分が行った時は会計まで1時間待ちと宣言される程。

宣言される分だけ、他の展示会よりかはよかったかも知れませんね。

物販では読売新聞、ポストカード等原画を起用したグッズを約1万円程購入。

f:id:shopdomannaka:20160914194342j:image

1000円以上購入で先着1万名様配布の単行本カバーのおまけが粋です!!!

………あ、これ、絶対にカバーとして使わないパターンや……。

最後にこちら。

f:id:shopdomannaka:20160914195726j:image

仕事を選ばない女、ハローキティさんが両さんになっていました。

本当に仕事を選ばない感、ブレない感、尊敬します。

勿論、グッズもありましたよ。

大阪でも展示会はあるそうなので、このハローキティさんも一緒に……。

……寧ろ、大阪は大阪でまた単行本カバーが配布されてしまったりしたらどうしよう!!!

両さん集英社さん!釣り針があまりにも大きすぎて最後の最後まで釣られてしまいそうですよ!!!

【追記9/17】

f:id:shopdomannaka:20160917154046j:image

物販を開梱していたら、まさかのご招待券が入っていました。

確かにあの日「券もらった?」「ううん、もらってない」と話しているカップルがいましたけれども。

このことだったのか。

リピート入場せざるを得ない、何度でも両さん献金を……。

亀有駅には負債額が掲示されているようです。

-1663兆2928億5903万8850円。

どれだけ献金されても足りないからよろしくな!といったところでしょうか。

200巻の発売日も今日でした。

ネットでにわかに限定版ばかりで通常版は殆ど入荷していないという噂が流れていましたけれども、それは両さんの負債額を見れば納得……?