読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ文章を打ってたいんだ。

気持ちただ漏らし備忘録

鳩サブローのお導きに従う話

最近、異常にくさくさする日々が続いております。
そんな時は大体、無理矢理ランニングをしゲーム漬けになり……本屋を定期巡回するものです。

しないですか?
しないですね。

そんな訳で本屋を巡回していたところ、黄色地に白い……何かどこかで見たようなこちらを発見。


(毎日新聞出版の書籍紹介より)

まんま鳩サブレーじゃん!

あっ、因みに当ブログはアフィリリンクとかいちいち貼る暇のない人が打っているのでご安心下さい。

本をパラパラめくると、名産品の紹介ページがある訳でもなく淡々とした観光ガイド。

へーとかほーとか一人ぶつぶつ言いながら読み進めていくと、ラスト数ページに『念珠玉巡拝』の紹介が。

鎌倉にある十三仏を巡り、御朱印と念珠玉を授かる。

何だそれは。
聞いたことないぞ。


(鎌倉十三仏詣実行委員会ページより)

どうやら、2014年からの新しいお授け物。

それは是非やってみたい。
今までこれとこれ!と決まった寺を巡ったことがないので、早速鳩サブローに従い鎌倉へ。

因みに、僧侶の方と2日間で一気に巡る『僧侶と巡る鎌倉十三仏』というプランもあります。

こちらは般若心経を各寺で唱えるようですから、「御朱印?念珠玉?スタンプラリー感覚でポンポンコロコロしやがって!」と思われるのが嫌な自分には良いです。
けれども、3月は平日開催でした。

残念ながらすぐに馳せ参じたいので、鳩サブローにお願いします。

お願いします、と言いながら本の通りに巡らないのが自分です。

スタート地点は極楽寺
僧侶の方と巡る場合、極楽寺は2日目のラストから2番目です。

気にせずに参ります。
中の撮影は出来ませんので外観のみ。

きちんとお参りをして御朱印と念珠玉を授かりましたよ。

そのまま極楽寺坂切通を行き、

何ですかね、このサトちゃんは。

次は成就院へ向かいます。

ここかな?

虚空歳堂です。
違います。

違うけれど、きちんとお参り。
そしてそのまま直進。

へえ、七福神ねえ。

江ノ電の線路が鳥居の真ん前に。
さすが江ノ電、生活通路をぶち抜いていますね。

ここでもしっかりお参りをして、御朱印と念珠玉を……?

ん???

あっ?ここ、御霊神社だ。

ここでの失敗は、極楽寺を出てから一度も本を開かないで歩いて行ったことにあります。

成就院を探し、ここでもまた本を開かずにウロウロ。
サーフボードがやたら目につくようになり、

海……ですね。
わぁい貝……。
犬の足跡が可愛いね……。

……ここで、改めて本を開きました。
どうやら通り過ぎていた模様。

虚空歳堂の道を挟んで更に極楽寺駅寄り。
華麗なるスルーでした。

やったこともないのににわかがホイホイ手を出すからこういうことになるという教訓です。
おわかり頂けましたでしょうか(己への戒め)。


逆光が有り難みをプラスしますね!
いざ突入。

参拝者が自分一人というこの静けさやら、写真を撮って待ち受けにすればお守りにとか、ううんなるほど。
待ち受けがお守りになるなら一眼レフを持ってもう一度来ますね……。

ここでも御朱印と念珠玉を授かります。
住職さんがとても親切な方で、この辺りで立ち寄ると良い場所も教えて下さいました。

そして住職さんの言葉に従って歩いているうち、長谷駅着。

颯爽と江ノ電に乗ります。

いざ鎌倉駅へ。

ここでは本覚寺に向かいます。
鎌倉駅から徒歩数分の近さ。

……の筈なのに角を曲がり損ねウロウロした挙句に見つけた入口。

おお、ここは土地が大きいだろうなあ。

中へてくてくと入り、鐘撞堂、本堂………………?!?!

仮本堂です。
ご確認下さい。

……。

本覚寺は大半が修復工事中で、お賽銭箱すらここで良いのか?と迷ってしまいました。
何となく納得のいかないまま御朱印と念珠玉を授かります。

タイミングなのだろうか……。
やっぱり僧侶の方と巡った方が良かったような……。

そう言えば成就院も参道の紫陽花は来年まで咲かないと書いてあったな……。
タイミングですね……。

モヤモヤするものを抱えて16時。
神も仏も縋れない程度に疲れたので帰宅の途につきました。

今回の念珠玉はこちら。

そして!
鎌倉駅と言えば、鳩サブレー本店。

お土産にクリップとファスナーマスコットを買いましたよ。

因みに、このクリップ、毎年同じ色ではない気がしています。
何年か前に青いのがいたような……。

……。
最初の目的から大分逸れた結末を迎えました。
果たして、きちんと残りの仏様を巡るのだろうか、自分。

最後にJR鎌倉駅の陸橋下。
とても素晴らしい展示を発見しました。

この鳥獣戯画を描いた6年生の皆を、当ブログは応援します!!!
〆!