ただ文章を打ってたいんだ。

気持ちただ漏らし備忘録

2016年SAKURA商戦(前半・後半)……と思ったら【3.3追記】

って、いつも通りのスタバカードのことです。

別に驚きも鼻毛もない。

……あ?
鼻毛がないと花粉の季節ですし、鼻水垂れ流しの予感がしてきました。

それはさておき。

(前半)

2月15日朝7時50分。
何気ない日常がそこにありました。
いつも通りの閑散とした感じ、良いですね。

違うとしたら、新しいメニューに燦然と輝くスタバカード。
ささっと入手。
ほくほく顔で出社しました。

(後半)

3月1日朝7時50分。
何気ない日常……には絶対あり得ない謎の待機列が出来ていました。

15人くらい。
こりゃあすぐには買えないなあ。

どうやら、グッズ購入とコーヒー購入でレジを分けた模様。

全くもって正しい対応です。
ただ、店員さんの対応が模範的なまでに丁寧でした。

ここの時の流れに合わせると遅刻しそうな予感。

グッズ販売のない店舗へ移動しました。
少しヒヤヒヤしましたけれども、無事に入手。
遅刻もしませんでした。

(総括)

売れ行きに関しては、後半の方がよかった印象です。
別に、待機列が出来ていたからではありません。

定点観測(5店舗)により、後半の普通サイズは翌日に在庫切れになっている店舗が、前半よりも4店舗多いという結論。

今回も両発売初日は一種類につきお一人様一枚まででした。

朝大慌てで向かう必要がやっぱりない。
その日の夜になってもきちんと在庫していました。

とてもいいことだと思います。

前回で察したら朝一番に動かなくてもいいよなぁとにわかに思い始めながらも、この記事を打っています。
よもや貧乏性です。

あー、えー、ゴホン。

欲しいと思う人が入手出来ない状態。
これが改善されていく過程を見守っているような気分です。

……と偉そうにまとめます。

因みに、手前の薄い方が前半、奥の濃い方が後半です。

着実に集まりゆくコレクションを眺める楽しみ。

最近のヲタ諸氏必須アイテム、無印良品アクリル写真立てを買ってもいいですね。
映画館でもらえるミニ色紙ばりの飾り方をするのもやぶさかではないと思い始めました。

……と思ったら!

ELLE JAPON 2016年4月号が付録にスタバカードをつけていました。

これに気付いたのが3月2日。
雑誌の発売日は2月27日です。

発売日から5日程度経って動くとなると、某カメラとか某書店での取り置きをしたくなるものです。

今回は出来ませんでした。
取り扱い中止という文字が燦然と輝く。

そんな時はやっぱり、近所のスーパーやコンビニです。
今回はファミリーマートパイセンのお世話になりました。

SAKURAのことばかり考えていたからこの体たらく。
さすがファミリーマートパイセンっす!
あざっす!

思い起こせば、丁度1年前にMila Owenのブランドムックが発売されました。

そこにも付録としてついていたのが懐かしいですね。

これは行きつけの書店で数ヶ月残って……あっ、ええと、在庫していました。

ブランドムックは月刊誌よりかは入手しやすい気がします。

月刊誌は基本的に、その月以降で再会するならオークション、出版社や書店等の通販ですよね。

付録のスタバカードを確実に定価で入手するには定期的なGoogle先生へのお問い合わせが肝要。

セレブ御用達みたいな雑誌、女性向けファッション誌の類は普段、目もくれませんから……ねえ。