読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ文章を打ってたいんだ。

気持ちただ漏らし備忘録

情報収集について、石頭はこう思ってる。

イタリアはフィレンツェに自分探しをした頃、参加したバスツアーの日本人ガイドさんの存在は鮮烈でした。

そのバスツアーでは、自分とガイドさんだけが日本人だったからというのもあります。
他に何人参加者がいても、何人バスの運転手が代わっても、日本人は二人。

その人はマスコミ関連の仕事をする傍、バイトでガイドもしているようでした。

酷い日本嫌いで、日本は最近どうなのと聞く割には答える全てに否定を被せてきました。
否定する対象は政治から始まり、大学教授、家族のあり方等多岐にわたり、心臓の弱い人ならバスから逃げ出すのではないでしょうか。

自分はあまりの否定っぷりが楽しかったのでひたすら聞きました。
その言葉や周りの光景を、それは例えばぶどうの木が向いている方向や枝の垂れる姿等、手持ちのリングノートが一冊終わるまで書き留め続けながら。

それを見たガイドさんが、突如としてこう言ってきたのです。

「あんたを見てると思い出すよ。昔はそうやって自分で見つけて書いて取材したんだ」

その日唯一聞いた、否定ではない言葉でした。

この言葉が自分を石頭にしました。
良い意味だと思っています。

昔は、自分で見つけて書いた。
今は、インターネット。

最近、Twitterを眺めていると、この記憶を呼び起こすポストがあります。
それは、大体こんな感じです。

「突然のリプライ失礼致します。◯◯(報道機関名、テレビ番組名等)の◯◯(その人の苗字)と申します。◯◯(事件や事故等)についてお聞きしたいことがございます。差し支えなければDM(非公開でやり取り出来るTwitter内の機能)でやりとりさせて頂けませんか?よろしくお願い致します。」

マスコミさんよ、あんたらの情報収集ってそんなモンなの?

と思います。
石頭なので。

一言で言うなら、「手間をかけずにほぼロハで得られる情報に対して重きを置く部分があるから薄気味悪い」のです。

情報収集に金がかかっていれば良いと言う訳ではありません。
若干ばかりの手抜きを感じるから薄気味悪い。
Twitterを見ない人なら、何も感じないとは思いますけれど。

前々から「Twitterにある絵はフリー素材」と宣い、絵師さん激怒みたいな事案は散見していました。

一見、関連性のない話ですけれども、果たしてそのアカウント主が当該事象において「善意の関係者」なのか「悪意の第三者」なのか不明の状態で、フリー素材よろしくピックアップしていく行為そのものに疑問を抱く訳です。

もう少し前にTwitterで「落ちている」面白い画像を集めた本があったと思います。
あれも、「当該画像のアップロード主がわからない(誰かが誰かのポストをまるまるコピーしてポスト、それをまた別の誰かがまるまるコピーしてポスト、の繰り返しでわからない)。だから許可はいちいち得ていない」という話がまことしやかにありました。

回りくどいですけれども、何となく全てが同じ根を持っていると思いませんか?

インターネットがこれだけ発達しているのだから、石頭は愚の骨頂かも知れません。

それでも、その当該事象へのファーストコンタクトがインターネット内で収まっているケースを見かけるとゾッとします。

例えば、どこかの駅で火災があったとします。

その画像のアップロード主へ様々なマスコミアカウントが群がりますよね。
事件は探そうと思って早々に見つかるものではないから、Twitterでサックリ声をかけてしまえば楽ちん。
尻馬も乗り放題です。

ゾッとします。

アップロード主が「善意」なのか「悪意」なのか即断即決し過ぎではないか?

極端に言えば、愉快犯かも知れない。
誰かのポストをまるまるコピーしたものかも知れない。
それをマスコミが「おいしいところだけ丸々ご馳走様です」!

極論ですけれども、この極論がゼロで、今後一切発生しないとも言い切れない筈です。

Twitterにポストをする人達は全てお便利ツールなのでしょうか?
見極めはどのようにしているのでしょうか?

取材に「自分」はいらないのでしょうか?
「自分」が集めて得た情報に感動や心揺さぶる何かは必要ないのでしょうか?
それを糧に次から次へ進む力は、インターネットに劣るのでしょうか?

はるか太古からやって来たかのようなことを吐かすのは、昔の人の言葉を忘れないからです。

自分は、ガイドさんの言葉を覚えていようと思います。
インターネットで集めた情報より、自分で見つけたものや掴んだものを大切にしたいからです。

マスコミではありませんけれども。

マスコミではないからこそ、昔を大切しようと思います。

インターネットをきっかけにしたとしても、地道に足で稼いで取材している人も沢山いる筈です。
それも忘れないようにしたいです。
ここまで叩いていると忘れている可能性が高いですけれどね。