ただ文章を打ってたいんだ。

気持ちただ漏らし備忘録

最近のスタバカード模様

平成27年7月29日朝8時。
新宿駅は行き交うサラリーマンの足音がいつも通りに響いています。
その中に、一人鬼の形相でドスドスドスドスドスドスドスドスドスドスと歩く人がいました。

自分です。

今日は「Fragment Design、mo’design とのコラボレーショングッズ」の発売日です。
目当ては写真のミニスターバックスカード(以下、スタバカード。今回出たものはミニサイズですけれども、話には通常サイズも含みます)。

朝7時45分、一店舗目。
「早いうちに売り切れしまいまして……」

うわああああああ!!!……ここら辺の開店時刻、朝7時jmFETjaIgja@@@???

朝7時50分、二店舗目。
「もう売り切れてますねー」

あの、「こいつもスタバカードかよ。とっくにねーよ」みたいな顔でこちらを見な#gGaj#p(GeT/adkg#...

言葉にならない何かをお察し下さい。

二店舗目を出て、こう思いました。

開店して一時間以内で入手不可になる程の入荷数なのか?
最近は一限措置が取られているから、徒党を組んで「買い占め」られたのか?

次の瞬間、足音がドスドスドスドスドスドスドスドスドスドスに変わっていました。

朝8時、三店舗目。
ここで三度目の正直。

「二枚とかイケるんすか?」
「いや、お一人様一枚ですね」

そんなやり取りをして、「集団買い占めでもいるんすかねー」と言いかけ飲み込みました。

一年程前にこの界隈で「札束のようなスタバカードを持ち帰る大陸の人」を見かけているので、ついうっかり。

粘着でしょうか、いいえトラウマです。

スタバカードは「現金1000円以上をチャージした引き換えに入手」出来るものです。

ここで言うチャージとは、スタバカードを選び、そこに1000円をレジで「チャージ」してもらうと1000円分として飲み食いが出来るようになるのです。
あるいは、飲み食いをしたら何ポイントとスタバカードに直接ポイントバックされる仕組みもありません。
現金がカードになっただけです。

基本的には、日本のスタバカードには日本円がチャージされます。

大陸で日本円のスタバカードが使えるかどうかは存じ上げませんけれども、とにかくその姿は札束に見えました。
店舗の在庫を一括して巻き上げたのではないかと今でも思っています。

はい、完全なトラウマです。

……この一年程スタバカードは入手しづらくなっていると思います。

特に著名な方とのコラボ品は飛ぶ鳥が落ちてそのままケンタッキーフライドチキンになっているのではないでしょうか。

朝一番、真っ先に、猛然と店舗へ突撃しなければならないのはここが新宿だからかも知れません。
やっと一限措置がかかって入手しやすくなると思っていたらこの体たらく。

コミケばりにサークルチケットを持ち待機列を作り、角には「列の途中」を設けなければ負けなのでしょうか。

やりすぎです。
やりすぎで出禁になると思います。

これ以上買いやすくする方法は、「さり気なく開店と同時に入店する」しかあり得ません。

果たして、店員さんにどんなあだ名をつけられてしまうのでしょうか。

「蒐集の鬼」ならOKですけれど、「朝一番のカードの人」とか「コーヒー買わない人」とかだったらどうしよう。

そんなことで有名な客にはなりたくありません。

それでも、カードのシステムが始まった当初からちょくちょく集めているので、今更やめる気も到底ありません。

世知辛い世の中です。

その一方、同じような仕組みのスターバックスタッチ(以下ケース)は残っているようですね。
スタバカード同様の限定デザインを出せば飛ぶ鳥が落ちる……こともなさそうな気がします。

iPhone6専用ケースであることから、iPhone6を使っていない人にはまず使えません。
次期iPhoneのサイズが変わったり、サイズは変わらなくてもカメラ位置が少しでもずれたりしたら、簡単に不良在庫になりかねません。

ケースは派製品としてコレクションの中に含めますけれど、余程のことがない限りは二度と買わない気がしますね。

逆に後々レアになったら良いなと下衆なことを思い描いています。
とてもとても、楽しみです。